コウノトリ舞い降りる田んぼで作る豊岡のお米です。自然を大切に、環境に配慮して中谷村の全農家で力を合わせた独自農法で作るコシヒカリです。

コウノトリ舞い降りる田んぼのコシヒカリ 六方銀米
お米のお問い合わせは 0120-288-442 までどうぞ!
おそれながら視察でお客様に説明しました | コウノトリ舞い降りる豊岡のスーパー減農薬コシヒカリ 記事一覧

おそれながら視察でお客様に説明しました

ヤッホー INEKARIKUNです。こんにちは。
37度越えの毎日でしたが、8月7日はすごく久ししぶりの雨が朝からふっていて、
夜もまずまずの気温でした。六方銀米も順調で、この雨でまたがんばってこれから
黄金色になっていきます。
六方銀米の新米ができたらすぐに連絡下さいね、とたくさんのお客様にお待ち頂い
ていますので、できたら少しでも速く収穫したいなと思っています。。

よく寝られると思っていましたが、深夜1時からの好きなサッカー、
最初はあきらめていましたが、12時57分に目が覚めて。。最後まで見ました。
なので今日はすごく眠いです。メダル目指して、U23、なでしこは週末までつづ
きますね!たのしみたのしみ。。


まじめな農業の話をすこし。。
6日に遠くから視察に○○集落営農協議会さんがお見えになりました。
僕は、視察対応で同席することはこれまでまず無かったのですが、なんでも、
後継者対策の勉強、だとこのと。
僕が最初に感じたこと、この数年やってきたこと、めざすことを話して、質問にも
答えて。。いまさら若手でもない歳ですが。。

お客様は、協議会に参加されている9組織の集落営農組合さんでしたので、状況も、
思いも様々な様子でした。
でも、定年の方を後継者に考えるにしても、働き盛りを後継者にしたいとしても、
どんな業種でもそうですが、その人が、その家族が生活していけるだけの補償、
安心感が感じられるような組織にする、事につきるとおもいます。
要するに今よりも後継者が来てくれるような体質、言い換えれば、経営者自身が
信念を持って、こうしてみたい、とかんがえることをもっと自信を持って推し進め
ることだと思います。村の役員などというものと同じように考えてはいけないと思
います。集落営農だろうが、株式会社だろうが、一つの収益事業である以上、片手
間で会社が長続きするほど、世の中甘くはないと思う。
そんなはなしをとりとめも無く話したのですが、伝わったかどうか??
ヒントは、数字に隠れている。
ひとの感覚では間違う。思いと数字がかけ離れていることは往々にしてある。
数字を共通用語にして正確に目標、対策を立て、実行すること。

なんでも、なるようになっているから、そうなる!
そうなってはいけないのなら、そうならないように手をうつこと!

そんな話をしながら、中谷農事組合法人は70ha、さて、時流にのり100ha
目指すのか、いまのままがいいのか?
最近よくそんなことを考えるのですが、みんなと相談して、はやく数字で方向性を
示さないといけないなぁとつくづく思いました。

そうしないとお客様に迷惑をかけてしまうことになりかねない。
視察

コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © おそれながら視察でお客様に説明しました | コウノトリ舞い降りる豊岡のスーパー減農薬コシヒカリ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます