コウノトリ舞い降りる田んぼで作る豊岡のお米です。自然を大切に、環境に配慮して中谷村の全農家で力を合わせた独自農法で作るコシヒカリです。

コウノトリ舞い降りる田んぼのコシヒカリ 六方銀米
お米のお問い合わせは 0120-288-442 までどうぞ!

このごろ天気のいい日はうちのまえのたんぼでカエルとりをするコウノトリ

 やっほーINEKARIKUNです。こんにちは。

そうなんです。

コウノトリが、このごろ天気のいい日にはうちの前の田んぼでカエルとりするんです。

コウノトリの郷公園の方に聞くと、昨年野生のコウノトリから生まれた、

2羽のコウノトリですって。



血統なのか、このコウノトリの家系は、あまり遠出しないそうです。

そんなになかのたにの居心地がいい。。



他の地区のコウノトリは、島根や四国のほうまで、

羽を広げ、風に乗って、すぐ飛んでいくそうです。

でもまた帰ってくるんだよね。



兄弟なかよく。




やったぁ コウノトリ今年も巣立ちしましたよ

 やっほー やっほー INEKARIKUNです。

こんばんは。

百合地の巣塔でそだっていたコウノトリのひなが、

今日巣立ちしました。

つけた足環による足の腫れ、

心配していた巣立ちの遅れも感じさせず、

立派な巣立ちジャンプだったそうです。

ちょうど時間があったので、カメラでようすをみてこようかな

と思っていたのですが、チャンスを逃がしてしまいました。


 平成21年5月24日(日)午後3時48分 

 巣立ちしたコウノトリの親

オス J0275 赤・黄黒黒
 H12.04.11 東京都多摩動物公園で生まれる。(両親は、Nペア)
 H13.03.31 コウノトリの郷公園へ
 H18.09.24 段階的放鳥(河谷拠点より)
メス J0228 黄・緑黒青
 H10.04.15 コウノトリ保護増殖センターで生まれる。(両親はLペア)
 H18.09.24 段階的放鳥(河谷拠点より)
巣立ちしたヒナ:J0012(メス)
足環の色:(右)黒(左)黒赤赤

まだ豊岡市内に8羽の雛が育っています。

はやく巣立ちできるといいね。


月初にぼくが撮影した巣塔のヒナと親
コウノトリ


コウノトリ 子育て中

 やっほーINEKARIKUNです。

こんばんは。


先日、事務所に望遠カメラがあるということ

だったので、ちょっと借りて。。

コウノトリ観察にでかけました。


あまりちかよってはいけないのですが、

遠くからわざわざコウノトリを見に来られた方かな、

すごくちかくまで人が近づいていても、

平気で、雛のために餌取り中の親。

30分ぐらい餌をため込むまで、せっせと。

(後ろの建物は、中谷農事組合法人の建物です。)





そこから数百メートルの巣塔で餌をまつ、ヒナ(左下)

ヒナを外敵からまもっている親。(右)



まだー って、ヒナがピーピーないたかとおもったら、

たくさん餌をとって帰ってきた親。

ヒナに餌をあげています。



すると、突然、

昨年巣立ちしたこの親の子になるコウノトリなのかな、

おとうさーん おかあさーん なんて、

巣塔に乗っかってきました。

すると、親のコウノトリが

くちばしをカタカタいわせて、

おまえは、自分で餌をとるんだよ!っていわれて、

追い払われてしまいました。



3月19日 さらにコウノトリ2羽のヒナを確認

 
やっほー INEKARIKUNです。

こんにちは。

コウノトリ情報

兵庫県立コウノトリの郷公園の発表によると、
3月19日、3月12日に今年初めて放鳥コウ
ノトリのひな二羽が誕生した豊岡市百合地
(ゆるじ)の人工巣塔で、新たに二羽のひな
を確認したとのこと。

この親鳥のペアは三年連続でひなを誕生さ
せているし、一つの巣に元気なひな四羽が
そろうのはこれまでで最多。 


巣の中にはあと2つの卵。
郷公園によると無精卵か発育不全の可能性
が高いとみられている。

順調に育てば5月中旬にも巣立ちする見込み。

追記 きょうはぼくの誕生日 えへへ。

Copyright © コウノトリ | コウノトリ舞い降りる豊岡のスーパー減農薬コシヒカリ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます